« ¥0チューニング | トップページ | 献血をしたあとには、ちゃんと水分を補給しないとね »

2010/01/17

震災から15 年

あれから、15年。
一生忘れることは無いだろう。
忘れないためにも、文字にして残しておこう。

あの日、揺れが来るちょっと前に目が覚めた。
「まだ、こんな時間?」と思った瞬間、猛烈な揺れが襲った。
ベッドの柱につかまりながらただ事ではないと感じた。
20秒くらいが5分くらいに思えた。「いつまで続くんや!」

揺れが収まるとベッドから飛び起き、すぐにテレビをつける。が停電。
家族の無事は確認。
鍵がかかってるはずの母家の玄関の引き戸は開いてた。
近所の人たちが表へ出て、何事かと確認しあっていた。
クルマのラジオとテレビで情報を得ようとするが、まだ、なにも伝えていなかった。
夜が空け、明るくなって停電も復旧。
テレビで徐々に情報が入ってくる。

家に居ても仕方ないのでひとまず、会社へ。
何人かは、家から動けない状態だが、全員無事。

この日は仕事にならず、一日、全員でショールームのテレビで刻々と入る、神戸の惨状を見ていた。

余震が続くなか、夕方、家に帰ってもしもの時の対応を家族と相談。
しばらくはタンス等がない普段使わない座敷で枕元に貴重品など置いて、寝ることに。
布団に入りに天井を見上げると、地震の揺れで天板に蛍光灯が当たってあとが、東西方向に付いていた。
改めて、揺れの大きさに恐ろしくなった。

伊丹の親戚の家は半壊、灘の親戚の家は全壊。
幸運にも両方とも人的被害はなし。


数ヶ月後、神戸がどうなったのか自分の目で確かめようとバイクで見てまわった。
何度か通って見覚えのある景色が、まったく変わり果て、何処にいるのか解らない。
まだそこらへんに崩れたり焼けたりした家がいっぱいで、テレビで見ていた以上の衝撃だった。


地震のあと、神戸の友達ができ、三宮へ出掛けるが、今ではほとんど震災のあとはわからないほど、復興している。
電車に乗っても、高速道路を走っても、あの時の光景が目に浮かぶ。

犠牲になった人たち、家族や大切な人を亡くした人たち、住むところがなくなった人たち、人を助けるために集まった人たち、復興に携わった人たち、神戸の街を見るとそんな人たちの想いが伝えてきて、胸が熱くなる。

あの時ほど、人の優しさ、助け合う気持ちを感じたことはない。

これからもあの時の気持ちを忘れずに生きていこう。

|

« ¥0チューニング | トップページ | 献血をしたあとには、ちゃんと水分を補給しないとね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33986/47323085

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から15 年:

« ¥0チューニング | トップページ | 献血をしたあとには、ちゃんと水分を補給しないとね »