« 職業病 | トップページ | 一つの時代の終焉 »

2006/03/26

小豆島へツーリング 1日目

先週の土日、チームアダチのツーリングで小豆島へ。

Dscf0058


出発前からいろいろありまして、今年のJSBマシンのスイングアームの延長のために
水曜日からお店に通い詰め。
木曜日は作業終了が朝の5時。そのあと2時間だけ寝て仕事へ。
金曜日も夜の8時から作業再開で、完成したのが朝6時。
いったん家に帰って、風呂に入って、荷物を用意して、単車に乗って7時にお店へ。
まさか徹夜でツーリングに行くことになるとは...

そんなこんなで、妙にハイになりながら、集合時間にちょっと遅れてチームアダチに戻った。
天気予報は午後からは雨、おまけに気温も上がらないようで。
最近イベントのときは雨が多い。

到着したときには他の参加者も集まっていたが一人足りない。
何度も電話をするが、出ないので、伝言を残して出発。
宝塚ICの手前で連絡があり、無事(?)寝坊と言うことがわかり、
フェリー乗り場で合流することに。

途中、山陽道三木SAで休憩。
あまりの寒さに眠気も吹き飛ぶ。
体中が寝不足と寒さでつってくる。
こんなことなら、ウインターグローブを持って来ればよかった。
防寒とそろそろ雨がきそうなので、ここでカッパ装着。

山陽道赤穂ICで降りてしばらくすると雨が。
緊張しながら、雨の中を走る。
さらに寒さが身にしみる。

日生港に到着し、フェリーの出発時間まで1時間半ほど喫茶店で休憩。
あったかいコーヒーが、体を温めてくれる。
そうしてるうちに、北脇さん到着。
途中、パトカーに捕まったそうで、ご愁傷様。

初めてフェリーに乗る。
1時間ほどの船旅。
ツーリングの途中で、こんなにのんびりしたこともなかったので少し新鮮。

大部港に到着後、昼食のために草壁港にある「うどん三太郎」へ向かう。
危うく通り過ぎるところを安達さんが見つけて、お店発見。
駐車場に入るのに少しバックしないといけなかったので、足を付いて力を入れると
一瞬滑ってすぐにグリップが戻ったけど、単車はかなりの角度で倒れていて、
自力で立て直すのは無理な体勢に。
力の限り、こらえたが建て直しを断念してそっと地面に置く。
幸い、どこも壊れることなく、ステップとバーエンドに傷が付いたぐらいですんだ。

お店に入ると、ちょうど人数分席が空いていて、待ち時間なく座ることが出来た。
しょうゆも有名な小豆島なので、生醤油うどんを注文。
本場で食べるうどん。
ここのうどんはちょっと太めで、かなりコシがあっておいしかった。
通販もやってるようなので、また今度頼んでみよう。

この日の宿「小豆島ふるさと村 ふるさと荘」へ到着。
一息ついたあと、温泉へ。
雨で冷え切ったからだをあっためてくれる。
この3日ほどのタイトなスケジュールの疲れも取れていくような気がする。

値段の割りになかなか豪華な食事。
刺身と牛の陶板焼き、焼き魚、てんぷら等々。
お酒も入っていい気分に。

部屋に戻って、宴会の続き。
いつものようにバイク談義に花が咲く。
あとは幹事の佐々木君のマッサージ大会。
話の途中で、座椅子に座ったまま、器用な格好で撃沈。
さすがに3日で2時間しか寝てないと、体力持ちません(>_<)

|

« 職業病 | トップページ | 一つの時代の終焉 »

コメント

寒い中、お疲れ様でした。皆で乗ったフェリー楽しかったですねぇ~。あれで天気さえ良ければ言う事なしだったのにね。

投稿: あげや | 2006/03/31 12:36

みんなの雰囲気が伝わってくるブログですね。
匂いまで伝わってきそうな・・・(笑)
 雨の中、疲労を押してご苦労様でした。

投稿: 華パパ | 2006/03/31 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33986/9274754

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆島へツーリング 1日目:

« 職業病 | トップページ | 一つの時代の終焉 »