« 超高速ツーリング | トップページ | スーパーバイクレースin岡山 »

2005/10/14

超高速ツーリング その2

まずはこちらから読んでください。

9日は8日とは違ってものすごくいい天気。
みんな思う存分バイクに乗れると大喜び。
DSC00328
起床後、宿泊したホテルの部屋から、鳴門大橋を望む。

まずは給油して鳴門北から高速に乗って淡路島へ。
淡路島南ICで降りて、福良から海沿いに洲本まで、大試乗会の始まり。
DSC00330


まずは前回乗れなかったgansukeさんのGSに試乗。
重いと聞いていたので、どれくらいのものかと思っていたが、確かに押してるときは
重さを感じるが、走り出すと全然重さは感じなかった。

リアサスも2本サスとは思えないほどものすごくよく動く。
どんな場面でも思い通りにバイクが動く。
こんなのに乗れば、あげやさんが自分もスイングアームを作りたくなるのもわかる。
ワインディングが少なかったので、もう一つ実力が試せなかった。
ただ、Uターンはちょっと辛かった^^;

途中、モンキーセンターで休憩。
ここで、GSX-R600に乗り換え。

またがってすぐの印象は、「あぁ、めっちゃ小さい」
これも前後ともサスに手が入ってるので、しっかりサスが仕事をしてるのがわかる。
せっかくのワインディングだったが、前のペースが上がらず、なかなか楽しめなかったのが残念。
それと、正チェンが乗りにくかった。
ついこの間まで、正チェンしか乗れなかったのに(^^ゞ

洲本に到着後、昼食まで少し時間があるので、あげやさんのフェザーの試乗。
来た道を少し戻ってワインディングへ。
乗り出してすぐに、以前に乗ったときとのハンドリングの違いがわかる。
前は、バイクを倒すとハンドルが切れ込んできて、力ずくで切れ込まないように押さえてたのに
それがなくなっていた。
アップハンドルに慣れていないので、そのあたりが乗り辛く感じていたが、違和感なく乗れた。
ペースを上げていってもリアの安定感が増していて、挙動の乱れがほとんどない。
しかも、リアが外へ逃げそうになっても、リアブレーキで簡単にコントロールすることが出来る。
それに、あげやさんのポジションと自分のポジションがよく似てるので、操作がしやすい。
いつまで乗ってても楽しい。
あぁ、自分のVTRもこんな風にしたい。

昼食後、今度は三苫さんのZRXに。
ノーマルながら、ポジションも楽で、排気量も充分なのでツーリングにはもってこい。
乗っててとても楽ちん。
でもカウルがないので、高速でハイペースで走ってるとちょっと辛かった。

東浦で高速を降りて岩屋の「美湯松帆の郷」で温泉に浸かりながら、明石海峡大橋を眺めて
一日の疲れを取る。
DSC00333


いつもながら、いろいろなバイクに乗れてカスタムの参考にもなって楽しいツーリングだった。
今度は、今回乗れなかった、油冷GSX-R、カタナ、グースに乗せてもらおう。

|

« 超高速ツーリング | トップページ | スーパーバイクレースin岡山 »

コメント

コメントありがとう!!gansukeさんのGSすごいでしょ!あれ乗ったら「自分のも・・・」って思うの解るでしょ。正直すごいショックやった、自慢のFZSが安物バイクみたいに感じた。。。これで追いついた(^-^) 今回はホイールの変わったtomoさんのVTRには乗れてないから、機会があったら乗らしてね。溝Gさんがベタ褒めしてたからね!!

投稿: あげや | 2005/10/17 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33986/6391664

この記事へのトラックバック一覧です: 超高速ツーリング その2:

« 超高速ツーリング | トップページ | スーパーバイクレースin岡山 »