« そろそろ | トップページ | 久々の酒庫 »

2005/03/06

鈴鹿走行会

26、27日鈴鹿でのホットハートラン走行会へ参加。
今回はVTR1000FのリアショックをスクーデリアオクムラのMEチューンとタイヤをダンロップのD208GPAへ交換。足回りは完璧。あとはライダーの腕次第。

25日、VTRをトラックで運んでもらうためにチームアダチへ。
オイル交換を秋からしていなかったことを思い出し、急遽オイル交換。
これが元で当日、少しあわてる羽目に。

26日、午後からチームアダチの車に便乗させてもらって、鈴鹿へ出発。というか運転手に。
途中、伊賀上野から雪がちらちらと降り始め、いやな感じ。道路の温度計も0度を表示。道路脇の草木に積雪が。これも鈴鹿峠のトンネルまで。
無事サーキットに到着。温泉に入って、HHRグループの他のお店の人たちと夕食。前から一度一緒に走ってみたかったフェザーの大澤さんに挑戦状代わりにお酒を注ぎに行って相手してもらうことを約束。走行会の目標が出来る。
隣の会場には鈴鹿で働いているアシモがいたのでちょっと見学。挨拶したり手を振ったりなかなかかわいいもんだ。
DSC00230.01

このあと、お決まりのカラオケ。一通り大盛り上がりして外へ出ると雪で真っ白!こんなことで明日は大丈夫なのか?三次会で鈴鹿市内のスナックへ。そのあと2時半に就寝。
DSC00231.01

27日朝起きても一面真っ白。天気はよさそうなので走るころには雪の心配はなさそうなのでちょっと安心。
DSC00234

走行に向けて、VTR1000Fをチェック。急いで交換したオイルの量が気になったので見てみると、明らかに少ない。このままではエンジンが焼きついてしまうかもしれない。困った。だめもとでチームアダチのチーム員の樋口君に相談。するとオイルを持ってきているとのことなので、借りて補充することに。これで心置きなくまわすことが出来る。樋口君、ありがと~!いつもとは立場が逆転してしまった(^^ゞ
スクーデリアオクムラの世古さんが来られてたので、サスのセッティングをチェックしてもらう。「リアのダンピングが少し足りないのでちょっと硬めにするといいよ」とのアドバイスをもらった。実は送られてきた時から街乗りでは硬い気がするので2段ほどソフト側に振っていたので、元に戻ったことに。さすがプロ。2段の違いがわかるんだものなぁ。

さていよいよコースへ。初めてのフルコース。今年一発目の走行会、どこまで走れるか。
昨日の約束どおり大澤さんをマークすべく後ろについて待機場所へ。しかし、違う列に誘導されて一緒に走れず。まぁ、一回目の走行はラインを覚えることと、サスセッティングの変わったVTRになれることとにする。

2回目は今度こそ一緒に走るために離れないようにコースイン。しばらくは様子を見てついて行くがストレートからS字あたりでじわじわ離される。これではいけないと、ペースをあげてデグナーで追いつく。そのあとヘアピンの進入でインをついてパス。そのあとは抜かれないように一生懸命走る。やはりVTRは車体の軽さでコーナーの侵入で勝負するのがいいのかも。
走行終了後、何人かに「S字の進入がきれいに出来たたよ」とほめられてちょっといい気分。「あともう少し体を大きく動かしていくといいよ」とのアドバイスも。やはりまだまだである。精進しなくては。

帰りはいつもの亀八で焼肉。これ食べないと鈴鹿に来た気がしないです、ハイ。

今回も皆さんに助けられて無事に走行会を終えることが出来た。ありがとさんですm(__)m

次は1/8耐。またがんばろう。

|

« そろそろ | トップページ | 久々の酒庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33986/3188856

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿走行会:

« そろそろ | トップページ | 久々の酒庫 »